栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果

栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは望ましいものであることは、世間でも良く知られています。
でも、どうせ摂取するならば、さらに妊活に効果が出るような食べ方ができたら一番良いのではないでしょうか。


果物によっては体を温める効果が期待できる種類もあるのです。
具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。フレッシュな状態で食べることが出来れば良いのですが、それが難しいという方は加工されたドライフルーツでも十分です。



葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、妊娠中期に入った頃、突然、そういえばカルシウムも摂らないといけなかっ立と思い、毎日あまたの牛乳を飲みました。
今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていて激しい下痢になってしまいました。妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われ産院で出された鉄剤を飲むことになりました。



後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるような葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。

妊娠を希望して、これから妊活を初めるご夫婦であれば婦人科や専門の医療機関で不妊検査をしておくべきでしょう。

そうすることで、妊娠できる体なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが確認できますから、妊活をお考えのご夫婦は、ぜひ不妊検査を受けてちょーだい。検査を受けると安心感がありますし、授かった赤ちゃんの健康にも影響しますから、いいこと尽くしですよね。赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策である妊活は、どんな時に妊娠が成立するのかを分かった上で、また出来るだけその仕組みをコントロールしていくものであると言えます。そして、第一に重要視すべきものはまさしく、栄養だということは容易に理解できるでしょう。
そうは言っても、全栄養素をピッタリの量で完璧に摂取するということは簡単ではありません。そんな時に使えるのがサプリメントです。近頃は、サプリの中でも妊活用のものというのも出てきています。妊娠を考えて生活している(妊活中)方は、薬の服用は避けた方が無難です。

一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば服用しても大丈夫です。
その一方で安易な服用が問題になるのは持病の治療のために医者から処方された薬を飲むことだそうです。


とは言っても、薬である事に変わりはありませんから、処方箋はもちろん、市販薬であっても、医師や薬剤師という専門家に確認をするのが安心だと思います。今から妊活のしようと思っている女性にやって貰いたいことは何よりもまず体の調子を整えて母となる準備をすることですね。毎日の体の動かし方の癖で体がゆがみ初めますが、中でも骨盤の歪みは著しいです。



そういった歪みのせいで妊娠しにくくなっていることもあるようです。不妊だったりマタニティだったりを重点的に治療している整体院も登場しています。妊娠しやすくて、胎内で赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えるため定期的に骨盤矯正を行って、適正な位置に戻してちょーだい。妊活で必要不可欠なことといえば毎日かかさずに基礎体温をつけるということです。



きちんと基礎体温を測定することによって自分の身体の状態がどうであるか把握でき、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、妊娠をしているかどうかや、排卵日の予測など妊活中に知っておかなくてはいけないことがわかるでしょう。

詳しく説明しますと、基礎体温というものは、朝目覚めてすぐの体温を測ることでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。自分、もしくは、夫に不妊症があると分かってから妊活をスタートすると、あまりにも長期戦となってきてしまうと心が疲弊していきます。ですので、あらかじめ期間を決めておいて、徹底的に夫婦で力を合わせて頑張ろうという感じで最初の段階で話し合っておくのが最善策ではないでしょうか。



妊活の期間を設定しておくことで、2人で熟慮して結論を導いたことだからギブアップせずに頑張ろうとポジティブに思いつづけられるのです。妊娠初期の胎児にとって非常に重要と言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。食材の中で、葉酸が何に多くふくまれるかと言うと名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多くふくまれています。

加工食品としては、納豆が葉酸の供給源です。また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。食生活の中に上手く取り入れ、意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。

また、葉酸をふくむ果物といえばイチゴで、お菓子ならイチゴが良いでしょう。コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。

確かによく知られているように、コーヒーにはカフェインがふくまれています。

このカフェインが体を冷やしてしまう為、体の冷えを除外する必要のある妊活では避けてた方が良いというのは、そのままでしょう。とはいえ、今までコーヒーをいつでも飲んでいて控えると逆にイライラするという場合は、ストレスを無くすことを優先して、1日あたり3杯を限度として飲むことは大きな問題にはなりませんので、こちらを選ぶようにしましょう。
Copyright (c) 2014 高浪敬太郎に詳しい奴ちょっとこい教えます!私がサプリを愛用している理由山脇の北やん日記 All rights reserved.

メニュー